NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

MONTHLY
RECOMMEMD今月のこれ1本!

2016年12月の注目作品

『ヘンリー4世』第一部ー混沌ー 第二部ー戴冠ー

注目!

私の今月の注目の舞台は新国立劇場の「ヘンリー四世」です。シェークスピア記念イヤーの今年に是非観たい作品です。第一部と第二部に公演が分かれているのでどっちを観る?どういう順番で観る?どんなスパンで観る?などどんな見方をするのかを考えるのも楽しいかもしれません。難解なイメージがありますが挑戦してみようと思います。(小林)

【公演情報】
『ヘンリー4世』第一部ー混沌ー 第二部ー戴冠ー
作/ウィリアム・シェイクスピア 翻訳/小田島雄志 演出/鵜山仁
2016年11月26日 (土) ~2016年12月22日 (木)  新国立劇場 中劇場

シス・カンパニー公演『エノケソ一代記』

注目!

戦後、喜劇王・榎本健一「エノケン」…の偽物「エノケソ」が各地に出没した。主人公もまたそんな「エノケソ」の1人である。彼を支えた妻との哀しくも可笑しい二人三脚の物語。ーーー本物に近づくため、エスカレートの止まらない「エノケソ」・市川猿之助の狂おうしい勢いを世田パブでかぶりつきで贅沢に堪能できる。作・演出は映画から舞台まで幅広く手がける三谷幸喜だ。笑いあり涙あり、この売り文句に心から納得できる作品を生み続ける劇作家である。三谷ワールド全開!濃厚な140分、2016年の観劇おさめにいかがだろうか。(黒田)

【公演情報】
シス・カンパニー公演『エノケソ一代記』
作・演出/三谷幸喜
2016年11月27日 (日) ~2016年12月26日 (月)  世田谷パブリックシアター

月影番外地その5『どどめ雪』

注目!

私の今月のおすすめは、月影番外地その5『どどめ雪』です。 高田聖子さんによる演劇ユニットで、過去2回に引き続いて脚本は福原充則さん、演出は木野花さんです。
今作は谷崎潤一郎の「細雪」の要素を僅かに含んだある四姉妹とそこに関わる男達の物語。
四姉妹は高田聖子さん、峯村リエさん、内田慈さん、藤田記子さんという濃いメンバーで、並びを見ただけでもどんな四姉妹なのだろうとワクワク! 福原さんの隠されたメッセージ性のあるセリフが大好きなので、今作の”生活する上で必要なもの”というテーマがどのように描かれているのかも楽しみです。(赤澤)

【公演情報】
月影番外地その5『どどめ雪』
作/福原充則 演出/木野花
2016年12月3日 (土) ~2016年12月12日 (月)  下北沢 ザ・スズナリ

1万人のゴールド・シアター2016 『金色交響曲~わたしのゆめ、きみのゆめ~』

注目!

5月に亡くなった演出家・蜷川幸雄さんが晩年に取り組むようになったさいたまゴールドシアター。高齢者に輝いてほしいという蜷川さんの思いから始まったさいたまゴールドシアターはいまや世界で活躍する集団となっています。そんな手練のさいたまゴールドシアターの面々に加え、一般公募の高齢者たち、約1600人で繰り広げられるロミオとジュリエット。さいたまスーパーアリーナを埋め尽くす老人たちのパワーに度肝を抜かれること間違いなし!今後オリンピックまでに出演者1万人を目指して公演が行われていく予定とのことで、今回の公演はその第一弾となります。歴史に残る作品になるでしょう。1ステージですが、お時間ある方はぜひ。(石本)

【公演情報】
1万人のゴールド・シアター2016 『金色交響曲~わたしのゆめ、きみのゆめ~』
企画・原案/蜷川幸雄 脚本・演出/ノゾエ征爾 企画・構成/加藤種男
2016年12月7日 (水)  さいたまスーパーアリーナ