NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

柳谷駿輔

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

高校卒業後一度大学に入って化学を学んでいました。その時からテレビの中に入りたいという思いがあったんですが。それでいつか役者の道に行くんだろうなとは思っていました。いよいよ決心して大学をやめようと思ったんですが、高校の先生に相談したら大学で演劇を学べるところもあると言われて、演劇系の大学に進みました。すばらしい環境だったんですが演劇だけを集中して学びたいと思い、ここを受けることにしました。入って間違いはなかったですね。すごく楽しかったしその分つらかったし。成長できたと思います。

―研究所生活はいかがでしたか。

最初の頃は「有名になってやるぞ」とか「名声が欲しい」とか野心が強かったんですけど、いまはそれだけじゃなくて演じること、お客さんに見せることが楽しくて生きてるなあと感じます。いま人生で一番楽しいですね。そう思えるようになったのは『俳優についての逆説』からですね。『女の一生』は一番きつかったです。なにやっても怒られる。八方ふさがりで役者向いてないしやめようかなと思ったのもその時期でした。でもみんなと頑張って。盗めるところは盗み。切磋琢磨したことでいまにつながっていると思います。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

登場人物たちのエネルギーがものすごいし、台本だけ見て字面だけをなぞっていたってなにも見えてこないなと思っています。クロポトキンという役では長台詞が多いので熱意をもってやっていけたらと思います。相手と影響し合うということを目標にして、いろいろトライしてみたいなと。卒業公演ということは意識しないようにしたいとは思いますけど、なかなか難しいですね。3年間ここで過ごしてきたわけですし。意識してもいい方向に向かうのであれば構わないかなという感じもします。一番いい出来にしてやるぞという気持ちでやりたいですね。

―卒業後の展望は。

演技はセンスも付随してくるとは思うんですけど、根本は技術だと信じたくて。こういう世界で3,4年じゃまだまだだなと。役者は続けていきます。とにかくいろんな勉強をしていろいろな世界を覗きたいなと思っています。

2017年『ゴドーを待ちながら』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21