NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

齊藤一輝

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

大学を出た後声優養成所に通っていました。養成所のレッスンでは自分が舞台に上がるということが多くあり、やっているうちに声優よりも自分が舞台に上がる方が楽しいかもと思うようになりました。でもいろいろ悩んだ結果、やめようかと思っていたんですが東京に出てきた手前、なにかしらの結果は残したいと。そこで文学座をダメ元で受けたところ無事に受かりまして。それで入所することにしました。いまとなっては心のどこかに舞台に対する未練があったからかなとも思っています。

―いろいろな苦悩があったかと思いますがここまで芝居を続けてくることができた理由は。

大変なこともたくさんありますけどそれ以上に仲間たちと作品を作っているときに感じられる気持ちというのは他には代えがたいものがあるので。高尚なことをやっているというのはおこがましいですが価値のあるものに取り組んでいるとは感じています。

―研究所生活で印象に残っていることは。

54期の卒業公演『川を渡る夏』ですね。自分の出演している舞台の公演もあったので出演はしていないんですけど。先輩たちの卒業公演なのでサポートに徹しようと思って加わりました。先輩たちにここまで支えられて自分たちはやってこられたんだなと思ってとても感慨深かったです。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

宮本研さんの作品はこれで3作目なんですが、言葉の美しさ、力強さを感じています。喋っていて心地よいセリフです。難しい作品ではありますが台詞を自分の中で深く理解して落とし込んでいけるようしっかり取り組んでいきます。

―今後の展望は。

役者を続けるかどうかも含めて迷っています。役者をやるなら文学座でできたらいいなと いう思いはあります。先のことはわからないですけどね(笑)

2016年『キル』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21