NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

青柳幸歩

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

中高6年間演劇部に入って活動していました。その後も役者を続けたいと思っていたときに、演劇部の顧問の先生に勧められて研修科発表会の松本祐子さん演出『天保12年のシェイクスピア』(作・井上ひさし)を観たことがきっかけです。

―演じた中で印象的だった作品はありますか。

本科の卒業公演の『からゆきさん』です。役を決める時、自分たちが何の役をやりたいか希望を出すことができて。一番やりたかった役をいただき、自由にのびのびと演じることができて楽しかったです。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

実在した人物を演じるのでその方の自伝を読んだり勉強しながら作っています。3年間の集大成なので、今まで自分を支えてくれた方々にしっかり見てもらえるよう、精一杯がんばりたいと思います。

―今後の展望は。

舞台に立つのがすごく好きなので役者を続けたいと思っています。とにかくいろんなことをやってみたいですね。いろんな役いろんな作品にチャレンジできたらと思います。

2017年『家を出た』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21