NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

横井麻子

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

出身の関西の専門学校で少しだけ演劇を学んでいました。演劇に興味を持ったのは自分を全て使った表現がとても面白いと感じたからです。東京で本格的に演劇の勉強をしたいと思い、様々な劇団の作品を観ました。その中でも、文学座アトリエの会の『信じる機械』という作品が観終わった後もすごくわくわくしたので、私もここで学びたいと思い文学座附属研究所を受験しました。

―入所試験の感触は。

すごくドキドキしていました。なにが正解かわからないので思いつくままやってみました。

―実際入所されていかがでしたか。

第一線で活躍されている演出家の方々に演出していただけました。すごく貴重な時間だと感じながら毎回取り組んでいます。

―出演した中で印象的だった作品は。

特に『ペンテコスト』です。いろいろ思うようにいかず苦しかったです。でもその分一番自分と向き合えた感じがしました。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

歴史が得意ではないので大変です。登場人物それぞれの思想などがわからないとついていけないので、勉強しながら稽古しています。

―今後の展望は。

演出家に求められていることができないときはとても悔しい思いをしました。お芝居は苦しいときもありますが楽しいです。どこでどんな形でも続けていきたいと思っています。

2017年『ペンテコスト』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21