NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

田中佑香

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

小さい頃からダンスをやっていて。大学でもダンスがやりたくて、ダンスも演劇も学べる大学に進学しました。そこで演劇をやるうちにもっと学びたいと思い、大学の先生に勧めていただいたここを受けることにしました。

―研究所生活で印象に残っていることは。

『キル』(作・野田秀樹)という作品をやったのは印象的です。JJという観光客の役で縛りなく自由にやらせてもらいました。裏方仕事もいろいろとあって大変でした。全部の演目難しかったですが、特に印象に残っています。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

今回は野枝という大切な役をいただけたので、いままで以上に気張ってやらなければ、努力せねばとひしひしと感じています。実在した方なのでいろいろな資料も残っていますし。精進します。

―今後の展望は。

卒業後も役者を続けたいと思っています。立てる機会があれば、来るもの拒まず、いまは選べる立場ではないのでいただけたらなんでもという感じです。

―好きな作品、やってみたい作品はありますか。

『ロミオとジュリエット』は好きですね。大学の時シーン稽古なんかでも使ったし、ミュージカルとかバレエとかいろんなジャンルの作品も観ました。

―『ロミオとジュリエット』でやりたい役は。

それってすごく限られますよね。恥ずかしいので言わないです。秘密で(笑)

2016年『キル』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21