NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

及川詩乃

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

小学校の時にテレビの世界、女優にあこがれてそこからずっと児童劇団兼プロダクションのような養成所で活動していました。高校卒業のタイミングでもう一度お芝居を学びなおしたいと思い入所を決めました。高校の卒業式の翌日が合格発表だったので無事に入ることが出来てよかったです。

―研究所生活で思い出に残っていることは。

入所式で同期の武野谷舞ちゃんと隣の席でした。きれいなお姉さんが姿勢よく座っているなと思って背筋を伸ばしていたんですが、向こうも隣の人がまっすぐ座っているからきちんと座っていたそうです。いまでもよくこの話をします(笑) 研究所は毎日楽しかったです。周りにいる人たちがみんな面白いし楽しいし。

―印象的だった作品は。

本科卒業公演の『からゆきさん』ですね。それまでお芝居というのは嘘をつくことだと思っていましたが、相手やセリフを信じることが大事なんだと気づきました。卒業公演ということもあったかと思いますが奇跡的な舞台だったと思っています。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

舞台と客席の間をつなぐような役どころなので、物語すべてをわかっていなければいけないと思うので深く学んで架け橋になれるように頑張りたいと思います。卒業は通過点でしかないので特に意識はしませんが長い期間一緒に過ごしてきた仲間たちとの最後の公演だと思うとやはり寂しいです。この恵まれた環境に感謝して最後まで向き合いたいと思っています。

―今後の展望は。

演劇だけにとどまらず役者を続けたいと思っています。演じることは好きだし楽しいので、この先いろいろな作品や人と出会っていきたいです。観ているお客様に希望とか感動を与えることが俳優の仕事だと思っているのでそういった俳優になれたらと。夢は死ぬまで役者を続けることですね。

2016年『お気に召すまま』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21