NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

水野玲子(演出部)

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

文学座を選んだのは、戯曲の言葉に対してどう考えどうアプローチしていくかを一番学べると思ったからです。

―もともと演出志望だったのですか。

高校の頃までは役者もやっていたのですが大学では演出メインでした。中学生のころからいろいろな作品を観てきましたが、演出家目線で観ることが多くなっていました。中高の演劇部が生徒の自主性に任されていた部分が大きかったということもあると思います。

―入所してみていかがでしたか。

学びの連続でした。入ってよかったですね、きっちり身についているかはわかりませんが(笑) ―研究所生活で印象に残っていることは。 同期たちと一緒に自主企画『農業少女』(作・野田秀樹)を上演したことです。この役者達がいるからできる、という目線で作品を選びました。今後の課題も見つかり、やってよかったです。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

読み稽古をじっくりやれたので、後はどう立体化させていくか、楽しみです。自分のやるべき事をやっていきます。

―今後の展望は。

アトリエ公演の演出ができたらいいなと思っています。あのアトリエの空間がとても好きです。ゆくゆくは文学座と言えば水野、と言われるようにやっていけたら嬉しいです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21