NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

小原まどか(演出部)

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

もともとミュージカルが好きで、俳優を目指していました。ミュージカル系も学べる専門学校に通っていて、当時は文学座自体知らなかったんですが、卒業公演を演出してくださっていた高橋正徳さんに「演出や裏方に興味が出てきて、学びたい」と相談したら、「厳しいけれどチャンスも多いところだから受けてみれば」とアドバイスをいただき入所試験を受けました。

―俳優から演出へ転向しようと思った理由は。

専門学校時代から何度か演出助手として公演に携わっていました。自分が舞台に立っていても他の人の芝居が気になってしまったり、前から芝居を見ているほうが面白いと感じるようになったことがきっかけです。あとは、ダメ出しをされるのが嫌でした(笑)

―研究所に入って印象的だった作品は。

小林勝也さん演出の『キル』です。勝也さんはご自分が俳優ということもあり、かなり役者目線というか、「その日その瞬間の」演出をつけていらっしゃるなと感じました。戸惑いも多くあった公演でしたが、勝也さんの中で明確なビジョンがあったので、ついていこうという気持ちにさせられました。

―研究所生活で印象に残っていることは。

自主企画『遭難、』(作・本谷有希子)を上演したことですね。抜粋だったり短い演出をつけたことはあったのですが、1本の戯曲を演出するということは初めてだったので、研修科のうちに挑戦してみて良かったと思っています。なにもないところからひとつの作品を生み出していくということ…色んな人の力を借りながら美術や音響や照明のプランも考え、どう言葉を尽くせば俳優に分かってもらえるかをずっと探し続けた毎日でした。演出家の責任というものを初めて実感出来た公演だったと思います。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

立ち稽古が始まってから合流したのですが、合流してすぐに、もっとバチバチすればいいのになと感じました。卒業公演なので同期の芝居をよく見たいとも思いますし、積極的に彼らの芝居に口を出していきたい。演出部として、装置作りなどもしっかり両立していきたいです。

―今後の展望は。

まずは、アトリエで演出が出来たらと思います。劇団内外で演出をしていけるようになれたらと。でもどんな現場にいても、どの役職についても、作品をよりよくするために全力を尽くせる自分でいたいです。「努力していれば、自分が困った時にも必ず周りが助けてくれる、ここはそういう集団だよ」と言われたことが心に残っていて、常にそういう気持ちで仕事をしていきたいし、それを次の仕事に繋げていきたいです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21