NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

押川 諒

―文学座附属研究所に入所しようと思った理由は。

社会人として3年間ほど会社勤めをしていました。本当に自分がやりたいことは何かと考えたときに、高校時代から興味を持っていた演劇という道に進もうと決心しました。地元の劇団の方に文学座という存在について教えていただき、入所試験を受けることにしました。

―高校時代演劇に興味を持ったきっかけは。

テレビで何かの舞台を観たのがきっかけで、そこから演劇というものに興味をもつようになりました。

―入所試験が人生初演技だったかと思いますが感触はいかがでしたか。

自分の環境を変えたいというのが大きかったので緊張はほとんどしませんでした。新しいことに挑戦できるというわくわくした気持ちが大きかったです。

―実際に舞台に立つようになって。

文学座附属演劇研究所に入るまで演劇なんてまったく未知の世界でした。でもいざやってみると新しいことだらけで毎日が刺激的で楽しいです。

―初めて舞台に立つのが楽しいと思った作品は。

研究所本科の『女の一生』です。2回目の発表会だったので最初よりも心の余裕を持って向き合うことができました。それ以降の発表会は毎回出てきた課題をどう改善していくか、そこに意識を向けて取り組めるようになったと思います。

―卒業公演『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

いろいろな歴史背景等を持った複雑な作品ではありますが勉強すればするほど楽しくなっていくんじゃないかと思っています。卒業公演だからどうという思いは特にないです。精一杯がんばります。

―卒業後の展望は。

いろんな世界に触れて人として役者として成長できたらいいなと思っています。

2017年『ゴドーを待ちながら』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21