NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

鈴木智加寿

ー文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

有名になりたいという気持ちから役者を目指すようになりました。高校の大先輩に渡辺徹さんがいらっしゃることを知って文学座を目指そうと思いました。ただ、入所試験を受けようと思ったら1ヶ月前に終わっていたので、1年間を勉強にあててから入所しました。文学座だけを受けた一発勝負でした。

ー研究所生活で印象に残っていることは。

研修科1作品目の『萩家の三姉妹』に出られなかったことは悔しかったですね。その思いをばねにしてこの1年はやってきたところもあると思います。 鵜山仁さんの口ぐせの『なんでだろうね』というフレーズも印象的です。戯曲や僕たちの演技に対して疑問を提示してくださる。考えることでいろいろ見えてくるものがありました。

ー『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

なんでをよく考えるようには意識しています。ただ、正解を見つけられないので堂々巡りになってしまったりもしています。難しいですね。周りのいいところを吸収したり、自分なりのいいところを出していけたらと思います。不安要素はどんどん消去していきたいですね。 卒業公演ですが気を張らずに、緊張せず、積み上げてきたものを出せたらと思います。 以前サッカーをやっていたんですが、演劇はサッカーと似ているなと思います。相手の動きや状況を見てパスの出し方を考える。よく考え相手にいいパスを出せるように稽古に臨みます。

ー今後の展望は。

役者を続けたいですね。きっかけは有名になりたいというところから始まったのでテレビなどにも出たいなと思いますが舞台を中心にやっていけたらと思います。舞台は楽しいです、本当に。

2017年『ゴドーを待ちながら』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21