NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

武野谷舞

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

あこがれの方が文学座の出身だったので本科の卒業公演を観に行ったのがきっかけです。それがとても良くて。入所を決めました。

―研究所の生活はいかがでしたか。

大学にも在学していたので講義を受けたり、卒業論文を書いたりしながら通いました。そんなに大変ではなかったですよ(笑) 思うようにいかなくてお芝居をやめたいなと思うこともありましたが、やっぱり好きだ、やめてたまるかという気持ちも強くて、なんとかここまで来れたかなと思います。充実しています。

―研究所生活で印象的だったことは。

稽古前のウォーミングアップですね。演出家の方によってすごく個性があって。シアターゲームだったり簡単な体操だったり。周りとの信頼関係を築くことにもつながるのでこれからも大事にしていきたいです。お芝居はもちろん、日常生活に活きる部分がたくさんありました。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

難しい作品ですが、楽しいです。卒業公演ですが、今まで通り自分の課題や積み重ねてきたものと向き合い、実践していく場にしたいと思っています。丁寧に紡いでゆけたらと思います。

―今後の展望は。

しなやかに、ずぶとく生きていきたい。役者としてもですが、人として魅力的な“好い”人間になりたい(笑)具体的に決めていないので、まだ先のことは分からないです(笑)

2017年『ペンテコスト』撮影=宮川舞子
※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21