NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

岩間愛

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

入所前にお会いした文学座の方々がすごく素敵だったので、この方たちのいるところで学びたいと思い、文学座に入所したいと思いました。演劇に興味を持ったのは父親が美術関係の仕事をしていた影響が大きいですね。

―研究所生活でもっとも印象に残っていることは。

入所のときに一緒に受けていた友人達はみな合格だったのですが、私は補欠の繰り上げ合格でした。ものすごく悔しかったので、負けてられない、そんな思いもあって研究所での生活に臨んでいました。 研究所に入って本当にたくさんの経験ができました。選んだ選択は間違ってなかったなと思います。

―印象的な作品はありますか。

どの作品もそれぞれ思い入れがあるのですが、印象的だったのは『キル』です。NODA・MAPの『キル』に実際に出演されていた小林勝也さんの演出で複雑で不思議な世界観の作品になり、演じていて楽しかったし、経験できてよかったなと思っています。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

本科の卒業公演が宮本研さんの『からゆきさん』だったので、今回『美しきものの伝説』をやると決まって、運命というと大げさすぎる気もしますがそういった気持ちがありました。毎日、色々なことを考えて試してみたり、探り探り稽古しています。

―今後の展望は。

自分の好きなことに邁進していけたらと思います。好きなことを通じていろいろな人と出会い、たくさん楽しいことをしていきたいです。

2016年『キル』撮影=宮川舞子
※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21