NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

光山恭平

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

「生活に根ざした言語表現を身につける」という岸田國士氏の方針に感銘を受け、 入所を決めました。

―印象的な作品はありますか。

『ペンテコスト』です。 作品がもつ力に可能性を感じましたし、 アゼルバイジャン語を話す機会はなかなかないですし(笑)

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

本日、立ち稽古初日だったのですが、 みんなが意見を持ち寄って試している姿を見ると、これからこの作品がどうなるか楽しみです。

―今後の展望は。

最近オペラに出させていただいたんですが、違う分野のお仕事をさせていただいたことで新たな発見が出来たんで、研究所で学んだことを糧に色々なことに挑戦していきたいと思っています。

2017年『ペンテコスト』撮影=宮川舞子
※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21