NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

久保田響介

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

以前から劇団とか演劇になぜか興味がありました。それがきっかけで「東京 劇団」で調べたときに引っかかった文学座を選びました。上京して1年くらいはバイトをして入学資金を貯めていました。

―入所してみていかがでしたか。

みんなおもしろいなと思いました。個性豊かで。環境としてもたくさん発表会があったり週6回ほど授業があったり、とても実践的で充実した毎日を送ることができました。

―研究科生活でもっとも印象に残っていることは。

アトリエという空間です。毎回作品によっていろいろな使い方をできることに魅力を感じました。いろいろな仕掛けができて新鮮な驚きがありました。愛着ありますね。高橋正徳さんの『白鯨』の舞台の使い方は印象的でした。一人何役もやっていてその役者の姿がかっこよかったです。『美しきものの伝説』のアトリエの使い方も好きですね。

―マッスルクラブメンバーとしてはいかがですか。

箱根は楽しかったです。周りの人に驚いていただけるのはいいことだと思っています。山はまた行きたいです。景色がきれいだし。マッスルクラブに入って日常生活のありがたさを知りました。電車ってすごいな、文明の利器だなと思いました。

―『美しきものの伝説』の稽古はいかがですか。

最後だからといってやることは変わらず、いつもより良くしようというのはいつも思っていることなので勢いよくやっていけたらと思います。

―今後の展望は。

今後も役者を続けていきたいですね。凄い表現者になれたらと思います。会話だけでは見えないような部分も表現していける、身体も使いこなせるようになれたらと思います。そのためにも、芝居以外のこともより大切にしていきたいです。

2017年『ゴドーを待ちながら』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21