NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

橋本直樹

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

昔から人前に出るのが苦手でそれを克服しようと思ったのがきっかけです。苦手なことを克服するときの刺激が好きだったということもあります。

―まったくの演技未経験で入所してみていかがでしたか。

最初は緊張を抑えることだけに集中して舞台に上がっていました。この3年間で人前に出る事はだいぶ慣れたかなと思います。慣れてきた分役者としての技術のなさに怖気づくこともあります。

―研究科生活でもっとも印象に残っていることは。

役者として尊敬する先輩、同期、後輩それぞれの演技や考え、生き方です。 ―いままでで印象的な作品はありますか。 先輩の卒業公演の『川を渡る夏』です。台本を読んだ時点でわくわくしました。

―マッスルクラブ(※西村さんインタビュー参照)の部長とのことですが。

最初は自分の筋トレに巻き込んでやろうと思って始めました。それがみんなすごくハマってしまって。むしろいまは自分が巻き込まれています(笑)

―今後の展望は。

やりたいことがたくさんあります。苦手だった人前に出るということがだんだん克服できて来ましたが、役者の道はもう少し続けていきたいと思っています。とにかく自分にとって一番刺激的な道を選んでいけたら。

2017年『川を渡る夏』
撮影=宮川舞子 ※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21