NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2018年1月25日

文学座附属演劇研究所研修科55期生インタビュー

石塚瀬菜

―文学座附属演劇研究所に入所しようと思ったきっかけは。

ここに入所する前に声優の専門学校に行っていていました。海外映画やドラマが好きだったので吹替を学びたいと思って。でも吹替をするなら自分もきちんと芝居ができなければと思い入所を決めました。

―高校時代はどんなことをやっていましたか。

演劇部に入っていました。ただ、地元が田舎だったのでみんなで集まって既成の台本をやるみたいな感じです。中学の時からドラマが好きで、高校に行くか専門で吹替を学ぶかで悩んだ時にやはり高校に行っておこうと。それで近場の演劇部のある高校に入りました。

―入所してみていかがでしたか。

普段の歩き方とか手の動きが全部舞台に出るというのは驚きでしたし大変でした。普段の自分と違うことをいかにやるかというのはいまだに難しいですね。本科の最初の発表会『わが町』は自分と正反対のテキパキした役で苦戦しました。すごく怒られましたけど、その分バネにして臨めたかなと思っています。

―いままで演じた中でもっとも印象的な作品は。

『からゆきさん』ですね。私たちと同世代が登場人物の作品でした。悲しくても泣いてはいけない強さとかいろいろなことを学びました。難しかったですが登場人物たちと年が近かった分お客さまにはいつもにも増してダイレクトに伝えられたかなと思います。 つらかったのは『俳優についての逆説』です。稽古が始まってもまったくテキストが思い浮かばず。もうやりたくない(笑)

―今後の展望は。

役者もやりたいし吹替もやりたいなと思っています。とにかく妥協はしたくないです。どんな道に進もうともしっかり目標を立ててやっていけたらと思っています。

2017年『ペンテコスト』撮影=宮川舞子
※禁無断転載
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21