NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2017年1月19日

20歳の国『花園RED/BLUE』稽古場レポート

 こんにちは、中村です。先日、20歳の国「花園プロジェクト2017」の稽古場を拝見してきました!

 この「花園プロジェクト」は高校ラグビーを主題としたお芝居で、今回は『花園RED』と『花園BLUE』の二作同時上演です。

 『花園RED』では、年に1度の大会に向かってラグビーに青春の全てを懸ける真っ直ぐな高校生たちを熱演。 『花園BLUE』では、授業サボって喧嘩して…そんな退屈な日々を過ごす不良たちがラグビーに打ち込んでいく姿を見せてくれます。

 そんな「花園プロジェクト」の見所は、なんといってもボールを使用した大迫力のラグビーシーン!

 ボールが飛び交う稽古場。 まるで本当のラグビー部のよう。 なんと稽古日程には、“ラグビー強化日”もあるとか。 演劇集団がラグビーをやっているのか、ラグビー部が演劇をやっているのか…そんな感覚になるほどお芝居とラグビーが融合した舞台なようです!

真剣な表情で台本を見つめる漢たち…。

高校生って…と自分たちの高校時代を思い出してみたり、稽古場は笑顔が多くて和やかな雰囲気です。 場面の切り替わりにもラグビーを巧みに使用し、転換を転換と思わせないような演出になっています。

休憩中もみんなで動きの確認。

ダンスシーンの練習では、バディを組んでお互いの動きにアドバイスをしあっていました。

ラグビーだけじゃなく、ダンスにも力をいれています! そしてもちろん、お芝居も。

屋上でのひとコマ。

わだかまりが出来たり、進路を憂いだり…どこかノスタルジックを感じる、リアルな高校生像が描かれています。 「花園プロジェクト」の総監督をつとめるのは、20歳の国の主宰である竜史さん。

役者のわずかな心の動きも見逃しません。

中学・高校の体育の授業でラグビーを教わっていたそうで、今回の舞台となる高校もご自身の母校だそうです。 作・演出のみならず、自らご出演もされていますので、演出家と役者のキャッチボール(物理)がみられますね!

スポーツが題材の演劇の中でも、こんなにも本気でラグビーをしているお芝居は滅多にみられません。

限られた青春をラグビーに懸ける彼らを、今まさにその時間を過ごす高校生に観に来てほしい! そういった思いから、高校生以下のチケットは1000円。今年の観劇初めにもピッタリな作品です!

19日、20日はレディースデイの割引チケットもあるそうなので、女性の方はぜひこの機会にラグビー男子の逞しい姿を堪能してみてはいかがでしょうか。

青春よ、永遠に。 『花園RED』 青春なんて、くそくらえ。 『花園BLUE』 “魂の青春ラグビー演劇” 間もなく開幕です! (中村)

【公演情報】
20歳の国『花園RED/BLUE』
日時:2017年1月19日(木)~2017年1月29日(日)
場所:すみだパークスタジオ倉
作・演出:竜史

1 2