NeSTAロゴ

現役高校生・大学生による
舞台芸術情報サイト

2017年4月11日

『RENT』 製作発表記者会見レポート

フォトセッションを行った後、それぞれ挨拶が行われました。

前回に引き続き、マーク役を演じる村井良大さんは「これからこの素敵なキャストたち、そしてスタッフのみなさんとまた濃厚な時間を過ごせると思うと、今からワクワクが止まりません。これからどんどんみんなと仲を深めていき、本番にとても素晴らしいエネルギーを凝縮させて舞台に立ちたいと思います。」と本公演への想いを語りました。マーク役を再演するのは東宝RENTでは村井さんが初。どのように役を深めてくるのか期待が高まります。

続いて、こちらも前回に引き続き演じるロジャー役の2人。

まず、堂珍さんは「自分なりにこのカンパニーを一つにするためにずっと裏ではふざけていようかなと思っているんですけど(笑)とにかくこの素晴らしいカンパニーの人たちと一つになることがお客さんの方たちに対しての恩返しになると思いますので、しっかりやっていきたいなと思います。」とコメント。途中村井さんにつっこみをいれられ、仲の良さが垣間見えました。

同じくロジャーを演じるユナクさんは「また今回地方公演含めてみんなとRENTができて、凄く嬉しいなと思っています。2年前とは違うもっと良いロジャーを見せることをこの場で約束します。是非来てください。」と堂々と宣言しました。

そして、ミミ役を演じる2人。

歌唱発表で歌声を披露した新キャストの青野さんは「この中では多分一番年下で、経験値もゼロに等しくて、右も左も分からないくらいのひよっこなんですけど、先輩方の背中を見て一生懸命食らいついて頑張りたいなと思います。」と語りました。

2008年のシアタークリエ初演からミミ役を演じているジェニファーさんは「このストーリーはいつまでもタイムレスで、世界中の人にも愛の本当の意味を教えてくれます。愛が全てに勝つっていうこと、みんなが一緒に感じるのはRENTしかない」と作品においての愛ついて深い思いを語り、ミミという役については「レイヤーがいっぱいあって10年経ってもまだまだミミの心で知らないところがいっぱいあって、今回は本当に魂の奥まで行きたいと思っています。」とさらなる進化(深化)を宣言しました。

次にコリンズを演じる新キャストの光永泰一郎さんは「実は僕は大学生で(RENTの)ビラを配ってました。バイト代の代わりニューヨークまで行ってオリジナルキャストを見させてもらってそこからもう大ファンになってしまいまして。やっと40歳になって初めてこの場に立てるっていう喜び。その愛を持ちながら自分の役割をしっかりと全うして偉大なる作品を語り部の一人として伝えていけるようにしたいと思っています。」と作品に対する意気込みを自身の作品への愛とともに語りました。

エンジェル役平間壮一さんは「表現することに対しての自分の強さっていうのを、どこのカンパニーよりも一人一人が強く持っていて、だから日本でもRENTっていうものはみなさんに凄く愛されて、みなさんの心に届いて…ここに居られてよかったって思いました。もっともっとレントっていうものを大きくしていきたいなって今思っています。」と意気込みを語りました。

同じくエンジェル役を演じる丘山晴己さんは「フォー!!RENT、フォー!!(拍手)最高です!I love you guys ,already 大好きな作品で大好きな役を演じられること、そしてこの素晴らしいキャストと共にこの夏を盛り上げていけることに、楽しく、僕はとてもハッピー、と感謝したいと思います。NYで色々感じたことだったり見たこと、いっぱいエッセンスをエンジェルに取り入れて一生懸命演じていきます。」と挨拶をし、会場を盛り上げました。

2012年からモーリーン役を演じる上木彩矢さんは「この作品と出会って考え方とか価値観とか、生きるモチベーションとか、全て、何かもが新しく生まれ変わりました。このRENTという作品、モーリーンという役を改めてゼロから向き合って2017年のレントに挑みたいなと思っています。」とさらなる挑戦に意欲を見せました。

新キャストのモーリーン役の紗羅マリーさんは「まだ夢の中にいる感じなんですけど、精一杯モーリーンとして楽しみながら自由に演技できたらなと思います。私若い頃からお仕事しちゃっててあんまり学生時代っていうものを経験していないのでここで青春時代を取り戻して(笑)、夏ですしみんなでスイカ食べたり花火したり、クラスメイトみたいに楽しくやっていけたらなと思います。」と話し、会場を和ませました。

前回から続投のジョアンヌ役宮本美季さんは「前回の自分を超えていく演技だったり役作りが新たな挑戦になると思うので今回はジョアンヌとしても、ジョアンヌと宮本美季としての共通点をより多く見出してもっともっとさらなる上を目指していきたいと思います。」と本公演の目標を語りました。

ベニー役を演じる新キャストNALAWさんは「素晴らしい方々と共にこの舞台ができて凄く嬉しいですし、まだまだ足りないところがいっぱいあっていろんなことを学んでいきたいなって思っております。唯一の悪役として大勢の方々にたくさん嫌われるように(笑)頑張りたいと思います。外人として頑張ります。」と最後は同じ韓国出身のユナクさんそして同じ外国人であるジェニファーさんと仲良く顔を見合わせていました。

最後には、村井さんが「このキャスト一同全員で力合わせて最後大千秋楽まで頑張りたいと思いますので、是非魂の歌を聴きに来てください」と結び、製作発表は幕を閉じました。

今年の夏は是非劇場に足を運んで2017年『RENT』の生まれる瞬間を目撃してください!

編集後記

キャストの皆さんのRENTへの愛、そしてキャスト同士の信頼がたった1時間の間でもたくさん感じることのできた製作発表でした。その愛や信頼がどのように舞台のパワーに変わっていくのか、今から夏が待ちきれません!
(円城寺)

歌唱披露の「Seasons Of Love」からエネルギー全開の製作発表、キャスト一人一人の熱いRENT愛がダイレクトに伝わってきました。
夏のシアタークリエはキャスト、スタッフ、そして観客と劇場全体が熱い想いで満たされること間違いなし!!開幕までの時間をNo day but today、いまを生きるという言葉を胸にワクワクしながら待ちたいと思います。(小林)

【公演情報】
東宝ミュージカル『RENT』
シアタークリエ(東京)  7月2日~8月6日
愛知県芸術劇場大ホール(愛知)  8月10日
森ノ宮ピロティホール(大阪)  8月17日~22日
福岡市市民会館(福岡)  8月26日、27日

1 2